DSC_8210

News

裁縫箱

本日、新商品の裁縫箱が完成しました。裁縫については小中学校の家庭科程度の知識しかありませんでしたので妻や周りの女性の協力... 続きを見る »

エクステンション・テーブルver2.0

新しい定番商品ができました。うちの主力商品となりつつあるエクステンション・テーブルですが直径1100ではマンションにお住... 続きを見る »

[ 心 ]Sprit

私共は世代年代を超えてアンティークとして受け継がれることイメージして家具を作っています。家具は本来使えば使うほど味わいを増していくものです。現在は木目柄のシートなどフェイクの素材が溢れ、新品の状態が一番よく、傷がつくと表面に貼った素材が剥がれて汚くなり買い替えたくなっていきます。無垢の家具は中身まで全部同じ色なので長く使っても味わいを増すのです。修理でも使いたいと思って頂けるような愛着が湧くものになるように素材を生かし一つ一つ丁寧に作っております。また、長く使って頂く工夫として時代に左右されないように普遍的でシンプルなデザイン心掛けています。

[ 技 ]Technology

当工房では100年以上使って頂く為に最低限の技術で家具を使っています。それは家具を「魅せる」ことより「使う」ことを重視しているからです。無垢の木を扱うことは伸縮や反りはつきものでこれらと如何にうまく付き合いながら作るかが長く持たせるポイントであり、家具屋の腕の見せ所になります。無垢の木はみなさん思われている以上に些細なことで割れたり、反ったりします。その為に吸い付き桟など大手メーカーではやらない手間のかかる加工することもあります。木の特性を知り、長く使えるものを作ることは使命だと考え、堅牢なものづくりを心掛けています。

[ 体 ]Feeling

展示会では多くの方が当工房の家具に触れていきます。その様子を見ていて家具というものは毎日の生活の中で見た目はもちろん、身体に触れたり、香りを感じたりと人間が本来持っている五感をを呼び覚ますスイッチのようになるのではないかと思いました。心身とも健やかな生活に寄り添えるような家具をご提案していきたいと考えておりますので当工房では無垢の家具にはオイル塗装を推奨しています。それは木そのものの感触に一番近いからです。オイルフィニッシュを施した家具に一度触ってみてください。思った以上に木肌をダイレクトに感じ、温かみのある感触があなたを穏やかな気持ちにしてくれることでしょう。